講座の概要

 
 

本講座は,日本電気硝子(株)の寄附による寄附講座である.

設置の趣旨

世界のトップレベルにあるわが国のガラス技術が現状を保っていくためには, ガラスの特性を 最大限に発揮する効率的な製造プロセスを設計し,製造技術 として活かしていくことが必要である。このため、滋賀県立大学のもつガラス工学研究の実績を基に、ガラスの溶融から成型に至る信頼のおけるデータの測定と 測定結果の物理化学的体系化等,ガラス製造に関する基盤技術の総合的な研究を行うとともに、ガラス研究者・技術者の人材育成に取り組むことを目的として本講座が設置された。

寄附金額および設置期間

総額1億円,平成19年4月1日〜平成22年3月31日(延長あり)

研究体制

本講座は,滋賀県立大学工学部内の「ガラス工学研究センター」に設置され, 学内研究者等の参画を得て共同研究を推進し、ガラス製造技術に関する総合的な研究体制を構築する。

 

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-22 (水) 18:15:21 (3828d)